入院・病棟

2病棟・認知症病棟

 認知症による症状が著しく家庭や施設での生活が困難な患者様に対し、症状改善のため集中的に治療を行う専門病棟です。
 服薬調整、リハビリテーション、生活機能回復訓練、レクリエーション等を行い患者様、ご家族と共に再び快適な生活を取り戻すことを目的とします。


認知症病棟での作業療法

 認知症のある方への作業療法は、今できることを行い、それをすることでその人らしい生活が送れるようにすることです。また、患者様がいま、「困っていること」「できること」を確認していき、それをふまえて「馴染みのある活動」や「好きな活動」、「軽い運動」などを取り入れたプログラムを行っています。
 プログラムでは、主に集団で体操や歌、手工芸、軽スポーツ、コラージュ療法などを取りいれ、意欲の向上、自信の獲得や日常生活活動などの維持を図っています。集団で行うことで、コミュニケーションの場を設けて他者との交流を促したり、時間や場所、人物が解らなくなってしまう方たちのために現実見当識訓練を行っています。集団になれない方に対しては、個別での対応も行っております。

3病棟・精神療養病棟

 精神療養病棟は、主として長期的な治療・療養が必要な患者様が入院される病棟です。精神症状が安定された患者様や日常的介護を必要とされる患者様が安心して療養できるよう援助させて頂きます。


4病棟・精神一般病棟

 精神科の症状が激しいときに、まずは患者様の安全を確保し、薬物療法、精神療法、身体的看護から病状の改善を集中的に行い、不安・苦痛を少しでも早くやわらげ心身の安定を図り、その後退院に向けた医療へとつなげていく病棟です。


5病棟・精神療養病棟

 5階病棟は精神疾患を持つ患者さまの治療を専門的に行っております。薬物療法を中心に患者さまの病状に応じ、レクリエーション療法や作業療法、SST などが実践されます。またさまざまな職種のスタッフが集まり、患者さまおよびご家族の意思をうかがいながら患者さまが地域に戻り安心して生活できるたの手助けをしております。患者さまの高齢化に伴い、日常生活の介護を必要とされる方に対しても残存機能を低下させぬよう、離床を促すなどのケアも行っております。


入院生活をより快適に過ごして頂くために…

それぞれの患者様の症状に応じて食事の内容や形態が変わりますので、多種の食事を準備しています。

  • 選択メニュー:週1 回( 水曜日) 朝食と昼食の選択メニューを実施しています。
  • バイキング:「食べる楽しみや、料理に対する関心を高める」「自主性の向上」などを目的としてバイキングを実施しています。
  • 栄養指導:外来・入院中の患者様を対象に栄養指導・栄養相談を行っています。医師の指示に基づき、患者様に合わせた食生活の改善などについて具体的にご説明いたします。